忘年会で大切な景品の準備も忘れてはいけない

business

雑用は新人担当

新社会人は、業務以外の雑用なども対応しなければいけません。最近は少なくなってしまいましたが、花見の席取りを始め、花火大会の席取り、宴会の予約など様々な行事の予約など行う必要があります。

詳細を見る

和太鼓の魅力

和太鼓は迫力ある演奏が出来る楽器です。屋外のイベントなどは音が大きく響くので特に活躍します。バンドの演奏とコラボレーションすることもあります。イベントで和太鼓の演奏を依頼することも出来ます。

詳細を見る

レンタルサービス

現在の取り組みやトレンド

運動会や大規模なパーティーなどを開催する際に自分たちでは用意が出来ないため、イベント用品のレンタルサービスを利用することがあります。このサービスはいざというときに何かと役に立つため需要が高い傾向がありますが、専門業者が行っている現在の取り組みについてみていきます。 専門業者が行っている取り組みとして、依頼者や利用者がイベント用品のレンタルをしやすいための工夫がされています。具体的に説明をしていくと、ホームページなどでイベントごとにコンテンツが分かれていることが多いです。事例を少し紹介していくと、運動会で使用する道具とパーティーなどのイベントで使用する道具が別々に紹介されています。この業者の取り組みによって、依頼者や利用者はイベント用品を間違ってレンタルすることなく確実に欲しい物を借りることが出来るようになっています。

そのサービスを利用する方法

パーティーやマラソン大会などのイベントを開催する時に、イベント用品を自分で用意するのは大変なためレンタルサービスを利用することがあります。そこでこのレンタルサービスについて、どのようにして利用していくのか手順や流れについて調べていきます。 基本的にはカタログを請求するところから始まりますが、最初からレンタルしたい商品が決まっている場合には店舗などにいきなり連絡しても大丈夫です。その際にレンタルしたいイベント用品があるか確認をして、在庫があればその商品を借りることが出来ます。そこでレンタルしたい日時などを確認をして、商品を贈る前にお金を支払ってイベント用品を受け取る形となります。そしてイベントが終了したらすぐに業者や店舗に連絡をして、返却するための手続きを行っていきます。これがこのレンタルサービスを利用するための手順となっており、これといって特に難しい作業などはないのが特徴です。

記事一覧

派遣してもらう

講師を派遣してもらうというタイプの研修が、今、企業の間で流行中です。さまざまな専門知識を持った人たちを招いて話を聞き、その後の業務に役立てようという動きがあるのです。

詳細を見る

このページの先頭へ